春は注射の季節

我が家には2頭の犬がいます。

柴犬のシヴァと雑種のチョビ。かれこれ彼女ら(メスです)とも

10年来の付き合いになります。

毎年春になると保健所から「狂犬病予防接種」のお知らせがきます。

もよりの公園や神社で出張獣医さんが予防接種をしてくれる、という

ものなのですが、その会場に連れて行くまでに

毎年どえらい苦労をしています。

車が大嫌いな彼女たち。車に乗せたとたんに暴れたり

そそうをしたり・・と運転に支障がでるような有様なので

毎年ぽてぽてと歩いて参ります。

会場近くになると、ほかの犬の悲鳴(?)からかやたらと臭う消毒薬のにおいからか

彼女たちはいきなり「伏せ」をしててこでも動かなくなってしまいます。

そこで、おやつで釣ったり、半ば虐待じゃないかといった

強引な手法でずるずると会場まで引きずって行きます。

ほんの数メートル・・・これを三十分以上かけていくのですから

通りすがりの人が見る見る・・・ああ・・・恥ずかしい。

会場についてからも一頭ずつ抱きかかえながら注射を受けます。

・・・暴れるんだ、これが・・・・

よそのお宅のお子さんたちはおとなしく注射を受けているっていうのに・・

ううっ・・・・

そんなわけで鞭打ち悪化覚悟で本日行ってまいります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)